人や車両の管理から防止まで

警備員

『警備員になりたい』から、求人情報誌などを閲覧しますが、アルバイトから正社員までの雇用形態がありますが、基本、18歳未満では務まらずということを念頭に入れておきましょう。求人の種類でいえば、業務内容の違いが見受けられます。例えば、遊園地などを含む商業施設の駐車場での車両の出入りの管理をしたり、商業施設内の盗難などの事故発生を警戒し、防止する業務にも携わります。いわゆる万引きGメンという役割も経験値によって携わることになります。火災を防止するための監視・巡回も業務の一つ、だからこそ、避難経路についても抜かりなく確認する責任感が問われますから、未成年者には務まらないことが理解できるのではないでしょうか。その他、アルバイト求人に比較的多いのが、交通警備でしょう。人、車両の雑踏する場所にて業務をこなすのですが、現場は工事現場や商業施設を含む駐車場、さらにイベント会場における人や車両の誘導や整理も担いますし、ときに案内もします。

社会貢献ができる職種

警備員

警備員の求人情報は多くの求人サイトや情報誌で掲載されているだけに、比較的誰でも簡単になれる職種であるイメージが根付いています。また、アルバイト感覚で若い者も警備に携わりますが、高年齢での雇用もあります。ちなみに、警備員の面接では、身だしなみ・コミュニケーション能力をチェックされます。特に、服装・髪型に関しては厳しく、人の管理を担う立場にあるため、不快にさせない清潔感が必要です。高級デパートなどでは、お客さん(消費者)の目に触れるために品格までが問われます。警備員の求人情報には『向いている人』という事項があります。優秀な警備員になるには、我慢強い人という人が向いており、仕事の厳しさに耐えられること、付け加えて体力的に続くことが求められます。ちなみに、警備という職種は社会貢献ができるのも特徴です。人の命、身体、財産を守るという貢献度の高い業界ですから、真面目な性格の方が向いています。長時間、立ちっぱなしという勤務も多く、忍耐力や体力がアピールできることは、面接官の目にも留まりやすく、採用されやすいとも謳われています。また、未経験歓迎という謳い文句がありますが、これは警備員業法により、30時間以上の新人研修を受けることになるからで、基礎をしっかり学び、業務遂行ができます。経験、能力によって、その後キャリアアップが期待できます。現金輸送であったり、著名人のボディガードなどが一例ですが、警察官とは異なります。

広告募集中